昭和20〜30年代の邦画 看板・ポスター展に行く(堺市立文化館 JR阪和線・堺市駅前)

*1980年代まで上映していた映画館に関しては、

昔の映画館サイトにまとめられている。

 京阪神の映画館(参照:ぴあ、ぷがじゃ(プレイガイドジャーナル))

http://www.nipponeiga.com/pgaja78/

 それよりも昔の情報、

それも堺市内に絞ったものを収集されていた方がいて、

「想い出の映画館」より

http://8930.teacup.com/bokurasouko/bbs/187

堺市内の映画館(昭和32年頃)ー 堺東映劇場、堺劇場、大映ニュー堺、

菅原館(阪堺線東湊駅前)、第二菅原館(阪堺線東湊駅前?)、堺東劇場、

東宝映画劇場(銀座?)、パール劇場(市民会館?)、

堺日活、宿院劇場(阪堺線宿院駅前、電気館(高野線堺東駅、ジョルノ?)、

堺松竹映画劇場、戎シネマ(阪堺線石津駅前、宮劇場、ミナト劇場(港東映阪堺線東湊駅前)

堺市内の映画館(昭和32年頃)ー旭座(阪堺線東湊駅)、

綾之町劇場((阪堺線綾之町駅前)、チモリ劇場(阪堺線御陵前駅)、

山の口大劇(阪堺線宿院駅前)、堺国際劇場(阪堺線宿院駅前?)。

昭和20年代の短期間ー石津の南海座(阪堺線石津駅前)、戎シネマ劇場(阪堺線石津駅

堺市内映画館追加ー鳳劇場(JR鳳駅前)、登美丘劇場(高野線野田駅前)、

大和川館?(阪堺線大和川駅前、東映?)、堺東銀座の芝居小屋、

綾之町の芝居小屋(綾之町劇場の向かい?)、北野田の芝居小屋(高野線野田駅前)、

草尾の劇場(伊勢道)、大野芝の芝居小屋(高野街道東)

これらをまとめたものを含んだ展示

「懐かしの昭和映画 邦画 看板・ポスター展」

が今年、堺市内で巡回展示されている。

 今年5月は、堺市立東文化会館にて開催され、

約2,500名が来場。

http://sakai-news.jp/event/20170425_a002_pos

 現在、JR阪和線堺市駅前の

「ベルマージュ堺」弐番館内、2〜4階にある、

堺市立文化館」のギャラリー

http://www.sakai-bunshin.com/shisetsu_kannai_bunka_li.jsp

にて展示されている。(8月13日(日)まで。)

 堺市立文化館では以前、

与謝野晶子に関する展示も行っていたが、

与謝野晶子に関する展示物は、「さかい利晶の杜」内の

与謝野晶子記念館」に移設。

http://www.sakai-rishonomori.com/shisetsu/yosanoakiko/

 「堺アルフォンス・ミュシャ館」

https://mucha.sakai-bunshin.com/

使用しているフロアー以外を、一般に貸し出すようになった。

堺市立文化館の改装工事中、

「堺アルフォンス・ミュシャ館」の展示物は

東京にある「国立新美術館」で展示され、約66万人が来場。)

https://bijutsutecho.com/insight/5760/

■【週末博物館紀行】東京で「憧れのミュシャ」を尋ねる

(GOTRIP! - 05月24日 06:32)