二人の会話に憧れて 続き20

殺害対象の選定を行う。いざと言う時に、複数の人間は、殺せない。誰を殺す事が、本当に必要な事なのか、殺害対象を、良く見極めなければならない。俺:「何だか、叶わぬ恋ほど、熱く、燃え上がるぜ?一時の殺意は、僅かな時間で、彼女に照準をロックオンする情熱に変わったよ?」妖精:「自殺しようとしてたクセに。まあ、いいや?せいぜい、励む物だよ?彼女の前には、誰もおらず、彼女の後にも、誰もいない。彼女が、オンリーワンだ?最も、熱量の高い場所には、現在、彼女しかいないと言う事だね?」俺:「アイツ?ヒーヒー言わせてやるぜ?後で、吠え面掻くなよ?」今日も、彼女に、ロックアウトされた。灰色の毎日。これで、二回目だろうか?三回目だろうか?イェス、アイ、ワズだ?分からずに、英語を使っているのは、ちょっと、カッコイイ。マイ・ガールとか、エスピシャル・レディーとか、俺も、良く分かってないぜ?やれやれだ?俺:「彼女を陥れるために、作戦を立てる。間違えた。落とすために。」妖精:「んーっ?彼女、お高いよ?あの、気の強そうな鼻っ柱をへし折ってやるには、相応の考えが、あらなければなるまい?」俺:「フムッ?では、作戦だ?例え\xA4

弌Ø磴┐个澄¿歖海鯀擷辰董⇒遒箸景Ľ鬚靴董⌅狃漚妨\xAB付けて貰って、拾って貰って生まれるラブチャンスみたいな物は?」妖精:「彼女は、きっと、見て見ぬ振りをするよ?厄介事は、ご免だろうね?」俺:「フムッ?なるほど?じゃあ、自分を大きく見せて、彼女の注意を惹き付けるのは、どうだろうか?」妖精:「うーん?既に、大きいからねぇ?いっそ、小さくなったら、驚かれるんじゃないかな?」俺:「フムッ?では、僕は、こんなに、気が小さいんですよぉ〜みたいなラブアピールを行うと言う事になるのか?」妖精:「気の小ささを、大きく見せるためには、工夫がいるね?ナイーブぶったり、デリケートを演じるのは、どうだろうか?俺、夢見てますみたいな感じに?」俺:「それは、二人の関係に、夢を見ていると言う事?」妖精:「うーん?まあ、そう言えなくもないかもねぇ?」いつまでも、考えていても、埒が明かない。こうなったら、体当たりで、特攻を行うのは、どうだろうか?妖精:「ああっ、分かった。馴れ馴れしくしてみよう?体当たりなら、これっきゃないよ?」俺:「でも、恥ずかしくて、そんな事、出来ないよ?」妖精:「これだから、都会育ちは?グイグイ、

行くんだよぉ?グイグイ、グイグイさぁ?」俺:「だけど?」